求人情報

スタッフ紹介

今福 純也

所 属 : 技術第一部 道路計画課
入社年 : 平成28年
出身校 : ものつくり大学 技能工芸学部 建設学科

私の所属する道路計画課では、道路改良や交差点改良、斜面対策、落石対策、災害復旧工事等の設計を行っています。既存道路における危険箇所を改良し、より快適で安全な道路を提案していくことが主な業務です。

私は前職で道路工事の施工管理を行う仕事をしていました。「もの・ひと・お金・安全・工程」を管理する施工管理の仕事にやりがいを感じていましたが、私が担当する現場の対応にコンサルタント会社の方が来た際、より良い施工方法の提案など、臨機応変に対応する姿にあこがれ「私も、調査・設計を行うコンサルタント会社でものづくりの仕組みを考える仕事に携わりたい!」と思い、ブレーンズに入社することを決めました。

入社して4年となりましたが、私の携わった設計が形となり、道路を利用する人の安全に役立ち、地域社会に貢献していることを考えると、とてもやりがいのある仕事だと感じます。

これからも、技術力の向上と経験を積み、地域社会により良い提案ができる技術者となれるよう頑張ります。

内田 直希

所 属 : 技術第二部 河川砂防課
入社年 : 平成31年
出身校 : 山梨大学大学院 工学専攻 土木環境工学コース

私は大学、大学院と河川工学を専攻していたため、河川砂防課を志望しブレーンズに入社しました。河川砂防課では、土石流やがけ崩れの土砂災害に関わる設計や、地域の風土に合った川づくりなど、自然と向き合った仕事を行っています。近年では、気候変動に伴う豪雨災害も増えており、入社1年目、令和元年10月の「台風19号」では、県内でも多くの河川で災害が発生し、徹夜することもありましたが、周りの先輩方に相談しながら無事乗り切ることができました。

生まれ育った県で、インフラの設計に携わることができ、陰ながらも山梨県に社会貢献ができていることに、とてもやりがいを感じています。

入社2年目とまだ経験は少ないですが、諸先輩方に一日でも早く追いつき、一人前の技術者になれるよう頑張っています。

曽根 瑶平

所 属 : 技術第二部 構造設計課
入社年 : 令和2年
出身校 : 信州大学 工学部 水環境・土木工学科

私の所属する構造設計課では、主に新設橋梁の設計や既設橋梁の点検・補強・補修設計を行っています。

大学では橋梁の維持管理に関する研究を行っていたため、この仕事は私にぴったりだと思いブレーンズに入社しました。設計というと室内で作業するイメージが強いですが、たまに現場に行って実物を見たり、調査したりすることで問題点を探し出し、それをどう設計に活かすのかを考えるのも面白いです。

現在、インフラの老朽化や災害対策が求められる中で、橋梁という重要な構造物を維持・更新していく私たちの仕事はとても責任があると感じており、私の生まれ育った山梨でこのような地域貢献ができることに誇りを持っています。

これからも、自身の技術力の向上を目指すとともに、地域社会から信頼される技術者になれるよう努力していきたいと思います。

橋本 実奈

所 属 : 技術第三部 地域計画課
入社年 : 令和2年
出身校 : 東京学芸大学 教育学部 中等教育教員養成課程 理科専攻

私の所属する地域計画課では、まちづくりの計画立案や公園・広場の計画・設計など、まちづくりに関する幅広い業務を行っています。

私の出身は他県ですが、自然が豊かで魅力ある地形の山梨県でまちの整備に携わることができ、大変興味深くやりがいを感じています。また、それぞれの専門分野で自身の技術をもって地域社会に貢献できることが当社の魅力であると感じています。

私もこれから広い視野で経験を積んで技術を身につけ、魅力あるまちづくりに貢献できる技術者を目指したいと思います。

吉田 淳一

所 属 : 技術第三部 上下水道課
入社年 : 令和2年
出身校 : 東海大学 情報理工学部 経営システム学科

私の所属する上下水道課では、人々の生活と社会を支える上水道・下水道に関わる調査・計画・設計を行っています。

私はまだ入社したばかりで、何もわからないところからのスタートでしたが、一から親切に教えて下さる環境があり、日々勉強していく中で、新しいことを学べることがとても新鮮に感じています。

今後は、地域に貢献できるように知識と経験を積んでいきたいと思います。